トルツ®の乾癬への効果

国内外の臨床試験において、中等度から重度の尋常性乾癬の皮膚症状に対する効果が認められました。

トルツ®により、89.1%の患者がPASI 75、
70.9%がPASI 90、
35.3%がPASI 100を達成しました

3-0-1chart1

PASI

乾癬の面積と重症度の指標(Psoriasis Area and Severity Index)
ベースラインから75%以上の改善をPASI 75、90%以上の改善をPASI 90、100%の改善をPASI 100と示す

承認時評価資料
Gordon K. B et al.: N Engl J Med. 375(4), 345-356(2016)
本試験はイーライリリー社より支援を受けています。
著者にイーライリリー社より支援を受けている者が含まれます。

【トルツ®の国内における承認効能·効果】
既存治療で効果不十分な下記疾患 尋常性乾癬・関節症性乾癬・膿疱性乾癬・乾癬性紅皮症。

【トルツ®の国内における承認用法·用量】
通常、成人にはイキセキズマブ(遺伝子組換え)として初回に160 mgを皮下投与し、2週後から12週後までは1回80 mgを2週間隔で皮下投与し、以降は1回80 mgを4週間隔で皮下投与する。

なお、12週時点で効果不十分な場合には、1回80mgを2週間隔で皮下投与できる。

トルツ®は、乾癬患者のQOL(DLQIスコア)を改善しました

DLQI総スコア

皮膚の状態に関するアンケートによる生活の質を評価する指標。
6つの分野の10項目の質問から点数を求め、0(影響なし)~30(極めて大きな影響あり)で評価する。

Itch NRSスコア

かゆみの点数評価スケール:0(そう痒なし)~10(想像できる最悪のそう痒)による患者評価

承認時評価資料
Gordon K. B et al.: N Engl J Med. 375(4), 345-356(2016)
本試験はイーライリリー社より支援を受けています。
著者にイーライリリー社より支援を受けている者が含まれます。

【トルツ®の国内における承認効能·効果】
既存治療で効果不十分な下記疾患 尋常性乾癬・関節症性乾癬・膿疱性乾癬・乾癬性紅皮症。

【トルツ®の国内における承認用法·用量】
通常、成人にはイキセキズマブ(遺伝子組換え)として初回に160 mgを皮下投与し、2週後から12週後までは1回80 mgを2週間隔で皮下投与し、以降は1回80 mgを4週間隔で皮下投与する。

なお、12週時点で効果不十分な場合には、1回80mgを2週間隔で皮下投与できる。

トルツ®は、初回投与2週で平均PASIスコアを53.1%改善しました

承認時評価資料
Gordon K. B et al.: N Engl J Med. 375(4), 345-356(2016)
本試験はイーライリリー社より支援を受けています。
著者にイーライリリー社より支援を受けている者が含まれます。

【トルツ®の国内における承認効能·効果】
既存治療で効果不十分な下記疾患 尋常性乾癬・関節症性乾癬・膿疱性乾癬・乾癬性紅皮症。

【トルツ®の国内における承認用法·用量】
通常、成人にはイキセキズマブ(遺伝子組換え)として初回に160 mgを皮下投与し、2週後から12週後までは1回80 mgを2週間隔で皮下投与し、以降は1回80 mgを4週間隔で皮下投与する。

なお、12週時点で効果不十分な場合には、1回80mgを2週間隔で皮下投与できる。

トルツ®により投与12週で達成したPASI 75/90/100は、52週時点まで長期に維持されました

承認時評価資料
Saeki H et al.: J Dermatol. 44(4), 355-362(2017)
本試験はイーライリリー社より支援を受けています。
著者にイーライリリー社より支援を受けている者が含まれます。

【トルツ®の国内承認効能·効果】
既存治療で効果不十分な下記疾患 尋常性乾癬・関節症性乾癬・膿疱性乾癬・乾癬性紅皮症。

【トルツ®の国内承認用法·用量】
通常、成人にはイキセキズマブ(遺伝子組換え)として初回に160 mgを皮下投与し、2週後から12週後までは1回80 mgを2週間隔で皮下投与し、以降は1回80 mgを4週間隔で皮下投与する。

なお、12週時点で効果不十分な場合には、1回80mgを2週間隔で皮下投与できる。